プログラムの紹介④ 鹿児島大学水産学部 大富潤教授 講演会

20年以上にわたり鹿児島湾の水深200メートルの深海にすむエビや魚の生態を調べ食材としての可能性を模索しています。

鹿児島湾で獲れるヒメアマエビなど水揚げしても市場にあまり流通されない資源の多さに着目し、地元の海で獲れる地魚を地産地消しようと提唱しています。

今回の郷土料理づくりにもヒメアマエビ(姫甘海老)やマルヒウチダイ(丸燧鯛)の料理も予定しています。

また子ども達の魚離れを防ごうと鹿児島大学の調査船で公開講座を開くなど鹿児島湾の海の幸の魅力を発信しています。