総会開催ー加盟団体と共に更なる発展を目指しますー

5月26日、青少年会館3階洋会議室で2018年度鹿児島県青少年団体連絡協議会総会を開きました。当日は委任状を含め全20団体によって審議が行われ、平成29年度の運動及び事業の総括に関する件など6議案が全て承認されました。また、「さくらじまの食と農の実行委員会」新規加入に関する審議も行われ、同実行委員会が加盟団体に参加することが決定しました。

18年度の青少連活動テーマは「NEXT STAGE~自己改革・意識改革元年 青少連から鹿児島の青少年に!~」です。ユースセミナー事業を廃し、新たにかごしま少年リーダー事業(仮名称)を設置。例年行っている子どもふれあい事業等にも加盟団体や他事業経験者を巻き込み、より加盟団体の特色を活かした取り組みを進めてまいります。また、加盟団体が行うイベント情報や活動報告などを青少連で発信し、加盟団体と青少連が一体となった広報活動にも努めてまいります。

17年度から役員も変わり、新事業も立ち上げ、団体が新規加盟するなど、何かと「新」がつくこの年に、青少連から新たな風を巻き起こせるよう活動を進めます。今年度も青少連をよろしくお願いいたします。

 

役員改選が承認され、挨拶をする役員

 2018年度総会のお知らせ

2018年5月26日(土)、鹿児島県青少年団体連絡協議会総会を開催いたします。

開催会場:鹿児島県青少年会館3F 大会議室
時  間:18:00~

関係各位様についてはご多忙の折と存じますが、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

自己改革でより良い青少連を目指します

5月19日、青少年会館内で第2回役員会と全体会を開きました。役員会で新団体や事務局員の加入、2017年度の事業総括や18年度の事業計画について策定。全体会で報告し、各事業が総会へ向けた現状の把握と今後の行動確認を行いました。

神野剛志会長は「18年度の青少連は新しい団体を迎え、5年ぶりに20団体になった。青少連としても新しい取り組みを積極的に進め、改革をしていきたい。」と、抱負を事務局員へ話しました。