カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

子ふれキャンプで「うまかもんハンター」になりました!

参加したみんなで思い思いに感想文を書き、閉会式を迎えました。
無事に2日間を過ごした子どもたちには神野会長から一人ずつ終了証が渡され、鹿児島の「うまかもんハンター」に認定されました。
快晴の中での活動とは行きませんでしたが、同じ部屋で様々な交流をした子どもたちは、晴れ晴れとした笑顔で話せるようになっていました。
1泊2日の活動でしたが、みんなが楽しく学べる事業となりました。

子どもふれあい事業で食を学びます!

本日1月19日から20日の2日間、鹿児島県南さつま市金峰の太田地区公民館で平成30年度子どもふれあいキャンプをします!
今回のテーマは「鹿児島のうまかもんをマスターせよ!」です。子どもたちは農園見学や鹿児島の農産物にまつわるトレジャーハント、講話などから、県内農業の姿や特産物の特徴、様々な料理を通した「食」の大切さなどについて学びます。

1日目は有限会社フレッシュ吹上黒川農園の訪問やトレジャーハント、獲得した農産物を使った調理体験をしました。
黒川農園へ向かう途中では、各班ごとに道に隠された県内農畜産物にまつわる問題を解き、調理体験で使う材料を集めました。
黒川農園ではデコポンなどを収穫。農園を営む黒川青少連副会長が、農家になった理由や農業の様子について話し、農家のことを学びました。
農園から公民館に戻った後は、トレジャーハントの問題について神野会長が解説し。出てきた農産物の特徴や、生産量から見る鹿児島との繋がりを学びました。
調理体験ではハントで入手した材料を使い、カレー・ビーフシチュー・シチューを作成。各班で獲得した農畜産物で、おいしい料理を作りました。

2日目は黒川副会長の指導で、ジャムづくりに挑戦します。地元鹿児島で味わえる「うまかもん(おいしいもの)」から、「いただきます」や「ごちそうさま」を通した「食べることの大切さ」や「農畜産物への感謝」について学んでいく予定です。

総会開催ー加盟団体と共に更なる発展を目指しますー

5月26日、青少年会館3階洋会議室で2018年度鹿児島県青少年団体連絡協議会総会を開きました。当日は委任状を含め全20団体によって審議が行われ、平成29年度の運動及び事業の総括に関する件など6議案が全て承認されました。また、「さくらじまの食と農の実行委員会」新規加入に関する審議も行われ、同実行委員会が加盟団体に参加することが決定しました。

18年度の青少連活動テーマは「NEXT STAGE~自己改革・意識改革元年 青少連から鹿児島の青少年に!~」です。ユースセミナー事業を廃し、新たにかごしま少年リーダー事業(仮名称)を設置。例年行っている子どもふれあい事業等にも加盟団体や他事業経験者を巻き込み、より加盟団体の特色を活かした取り組みを進めてまいります。また、加盟団体が行うイベント情報や活動報告などを青少連で発信し、加盟団体と青少連が一体となった広報活動にも努めてまいります。

17年度から役員も変わり、新事業も立ち上げ、団体が新規加盟するなど、何かと「新」がつくこの年に、青少連から新たな風を巻き起こせるよう活動を進めます。今年度も青少連をよろしくお願いいたします。

 

役員改選が承認され、挨拶をする役員

 2018年度総会のお知らせ

2018年5月26日(土)、鹿児島県青少年団体連絡協議会総会を開催いたします。

開催会場:鹿児島県青少年会館3F 大会議室
時  間:18:00~

関係各位様についてはご多忙の折と存じますが、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

自己改革でより良い青少連を目指します

5月19日、青少年会館内で第2回役員会と全体会を開きました。役員会で新団体や事務局員の加入、2017年度の事業総括や18年度の事業計画について策定。全体会で報告し、各事業が総会へ向けた現状の把握と今後の行動確認を行いました。

神野剛志会長は「18年度の青少連は新しい団体を迎え、5年ぶりに20団体になった。青少連としても新しい取り組みを積極的に進め、改革をしていきたい。」と、抱負を事務局員へ話しました。