子どもふれあいキャンプ申し込みについて(募集終了)

先日、掲載しました平成27年度の子どもふれあいキャンプの参加申し込みは12月1日を持って締め切りさせていただきました。

多くの参加申し込みいただきありがとうございました。

参加決定者には、決定通知書等を順次各ご家庭に送付いたしますのでご確認いただきますようお願いいたします。

ユースセミナーを開催しました!!

IMG_0089

11月28日(土)から翌29日(日)にかけて当協議会主催の平成27年度ユースセミナーを開催しました。
今回のユースセミナーでは「教育を語る」をテーマに普段の子どもとの関わりについて実体験や困ったことなどお互いに情報共有し解決策を考え出す内容で実施しました。

会場の鹿児島市立少年自然の家で行われた今回のセミナーでは1日目に、青少連の各加盟団体が日頃活動されている様子や事業について紹介をした後に、一般青年を交えて「子どもとの関わり」についてファシリテーターを中心にグループワークを行いました。夜の懇親会では日中に聞くことのできなかった各団体の詳しい内容や日頃の参加者の子どもとの関わりについてなど有意義な時間となりました。
IMG_0061

2日目は志學館大学 人間関係学部 心理臨床学科の白井祐浩(しらいまさひろ)先生によるグループワークを交えた講演会を開催し、1人の参加者から普段の子どもとの関わりについて困っていることを質問しながら互いに意見を出し合うPCAGIP(ピカジップ)法による事例検討を行いました。

今回のユースセミナーでは、ふだんの教育についてはひと味違う内容を実施してきました。参加者からは「県内で活躍されている団体の話を聞くことができてよかった。」という声や「白井先生の講演を聴いて今度の子どもとの関わり方の参考になりました。」などと多くの声をいただきました。
本事業の報告書につい来ましては後日ホームページにも掲載いたしますのでその際はご確認いただきますようお願いいたします。

ユースセミナー参加者募集!!

ユースセミナー改
今年もユースセミナーを開催します!

今年度のユースセミナーはズバリ「教育」をテーマに、加盟団体と一般青年を交えて日頃の子どもとの関わりについて考えていきます。

ユースセミナー募集チラシユースセミナーでは加盟団体のリーダー育成とネットワーク作りの場として、また一般青年との学び・交流の場として、青少年活動の活性化とネットワークの構築の一助となることを目的としています。
加盟団体の日頃の活動の報告の他、子どもとの活動についてのグループワークや野外活動も行います!!

そして、今回のユースセミナーでは志學館大学の白井祐浩(しらい まさひろ)先生に講師としてお招きし「子どもとの関わり」の演題で深く・楽しくレクチャーしてもらいます。
詳しい内容は下記のチラシをご覧いただきユースセミナーの専用メールアドレスへお申し込みいただきますようお願いいたします。

多くの方の参加・申し込みお待ちしております!!

ユースセミナー参加申し込みメールアドレス
youth-2015@seishoren.jp

2015年度ユースセミナー募集チラシPDF版

子どもふれあいキャンプに参加しませんか??

Document-page-001

今年も子どもふれあいキャンプを開催します!!
今回は「私たちの住む郷土を知る」というテーマの元でキャンプを行います。
鹿児島から世界遺産が登録されるなど地域の魅力が再発見された今年において、
この子どもふれあいキャンプは、子どもたちにとって自分の住んでいる地域を
見つめ直す良い機会なのではないでしょうか?
ぜひ参加をお待ちしています!!

尚下記にて日程と参加申込書を配布いたします。
12月1日(火)を締め切りとしますので、お早めにお申し込みください。

Document-page-002

2015年度子どもふれあいキャンプポスターPDF版

シンガーポール訪問団との意見交換会開催!

写真1
10月18日(日)13時より県青少年会館にて当協議会とシンガポール訪問団との意見交換会が行われました。

今回の意見交換会は、鹿児島県が主催する「青少年海外ふれあい事業」の研修プログラムの一環で今回の会が実現しました。

まずはじめに、当協議会の森洋行会長から「鹿児島にようこそ!本日シンガポール訪問団の皆さんとこのような機会ができることをうれしく思います。今後の活動に向けて情報共有できることを願っています。」と歓迎の挨拶を述べました。

つづいて、シンガポール訪問団を代表してGoh Jia Hao(ゴー ジア ハオ)さんが「本日青少連の皆さんとこのような時間をいただけることができてうれしく思います。私たちシンガポール訪問団は皆さんの活動について学んでこれからの活動に生かせればと思いますのでよろしくお願いいたします。」と挨拶いたしました。

この後、シンガポール・青少連ともに自らの団体について紹介し意見交換を行いました。

質問の中では、当協議会の加盟人数や役員の選出方法について、シンガポール側への質問としてそれぞれの事業の運営や企画期間についてなど様々な質問交換が行われました。

最後にシンガポール訪問団から今回開催のお礼として、シンガポールの木材でできた記念のタテをいただき閉会いたしました。
写真2
なお、今回行われた青少年海外ふれあい事業については鹿児島県のホームページからもご覧いただけます。